Daisuke NAKASHIMA | 中島大輔

STATEMENT
For me, the act of showing images that I have photographed to others is the act
to make the viewer feel to be the outside of the image that I framed,
making them aware the perspectives of “invisibleness” and “unable to capture [on film]”.

I want to make works, in contrast to the act of simple seeing, that can sway perception,
that are free from the stereotyped recognition, and that released from categorization.



私にとって、撮影したイメージを他者に提示する行為は、
私がフレーミングしたイメージの外側、
つまり「見えない」「写らない」側面を意識させる行為でありたいと考えている。

見るということに対して、
ステレオタイプな認識から紐解かれ、カテゴライズや特定化から解放された、
知覚がたゆたう状態を体験出来る作品を制作したいと思う。
  • twitter
  • facebook
  • tumblr